印鑑の必要性

銀行印イメージ

印鑑の必要性
会社の印鑑の必要性ですが、会社の印鑑はとにかく代表印がないと何も出来ません。

会社の印鑑で、最初に作る印鑑が会社の代表印つまり実印です。

とにかく手続きがいろいろ多いので、初めに印鑑が必要になります。

通帳も作るので、銀行印も作らないといけませんよね。
会社の印鑑も、個人の印鑑もほとんどは同じだと思います。
ただ個人よりも会社の印鑑の方が、なにかあったら責任重大で怖いですね。
会社の印鑑は誰でも使える訳では無くて、印鑑を管理しているのは役職がついている人達です。

小さい会社だと、印鑑を任せられる時があるかもしれませんが、基本は偉い人が管理しています。
何かあったら、その人が責任を取らなくてはいけなくなります。
それぐらい重要な印鑑だという事です。
会社の代表印がなくなったりしたら本当に大変なことになるので、保管はきちんとしないといけません。

印鑑はサインですから、いい加減な気持ちでの捺印は止めて下さいね。
印鑑の必要性は一番高いと思います。
仕事をしていく上で、一番ではないでしょうか。
ですから会社の印鑑を作る人達は、こだわって作る人が多いです。

印鑑をみて立派だと思える方が、商売もうまくいくと思いますよ!
印材や書体など、その会社にとって一番似合う印鑑を作る人が多いです。

手彫りの印鑑という会社も多いのではないでしょうか。
個人用の印鑑を選ぶ時より、気持ち的に全然違うと思いますね。

会社で、印鑑を持っていない会社は無いですからね。
そう考えると、ハンコ屋さんの存在ってすごいです。
私の知らないことがまだまだ沢山ありそうな印鑑の世界です。

ページの先頭へ