会社の実印

実印イメージ

会社の実印
会社の印鑑でよく代表印と聞きますが、代表印は会社の実印ということです。
普段、代表印としか言わないのでピンときませんよね。
個人用では、実印としか呼ばないのに変ですね。

会社の実印は、普通の社員の人が見ることはまずないと思います。
印鑑は特定の人だけしか使えませんが、代表印は捺印する人は会社の代表者の人が確認をしながら捺印をします。
もしも、違う人が捺印してしまったら大変なことになりますからね。
個人の実印だって同じことですよね。

会社の実印の方が、責任重大です。
何故かというと、大きな契約してもしも何かあったら社員の生活もかかっているので、慎重に検討してから捺印しないといけません。
会社が無くなってしまったりしたら、自分だけでは済まないことになりますからね。
それぐらいの重みがある印鑑という事です。

絶対に紛失や悪用をされないよう、保管には気をつけて下さい。
自分の個人の印鑑も大切ですが、会社の印鑑は自分の印鑑以上に、注意を払った方がいいです。
印鑑のことをあまり重要と思っていないと、後で痛い目を見ますからね。

印鑑のことを、もっといろいろな人が覚えてくれるといいと思います。
個人用の印鑑も会社用の印鑑も、無くなるという事は絶対にないですから。
自分が一生のうちに、代表印を作ることがあるのか無いのかわかりませんが、多分無いと思いますが…

その時は、個人の印鑑以上にこだわって最高級の印鑑を作りたいと思いますね。
絶対、手彫りの印鑑ですよ!

印鑑をこだわることも良いことですが、仮にどんな種類の印鑑だろうが購入した本人が気に入って購入したのであれば大事に扱うと思います。

ページの先頭へ